他のカエル達のカテゴリ記事一覧

ベルツノガエルとファンタジーツノガエルの飼育ブログ


カテゴリ:他のカエル達

  • カエルってタフなんだなぁ
    2017/07/22他のカエル達

    こんな記事が出ていました。(抜粋)アマガエルも隕石の衝撃に耐えたとされる種のひとつです。あんなにか弱いイメージのアマガエルがどうやって? と思いますが、じつはものすごくタフな生き物なんですね。カリフ…

    記事を読む

  • スケスケカエル
    2017/07/13他のカエル達

    ちょっと古い話題ですが、こんなカエルもいたんですね。 出典元:GIZMODO学名は「Hyalinobatrachium yaku」スケスケガエルの方が呼びやすいです(^_^;)このおスケスケガエルは「スケルトンボディが特徴のグラッス…

    記事を読む

  • 【画像】繁殖期を迎えたヨーロッパヒキガエル
    2016/08/01他のカエル達

    出典 ナショナルジオグラフィック日本版サイト繁殖期を迎えたヨーロッパヒキガエルが、フランス南部を流れるレ川の浅瀬でパートナーを見つけた。体の小さな雄が雌の前脚の下をつかみ、背中にぴったりとおぶさって…

    記事を読む

  • 【画像】ボンベイナイトフロッグ
    2016/06/18他のカエル達

    AFPBB Newsに面白い記事が載っていました。(AFPBB Newsより引用)インド西部に生息するカエルの一種、ボンベイナイトフロッグ(学名:Nyctibatrachus humayuni)は、同両生類7000種の中で他に類を見ない交尾姿勢…

    記事を読む

  • 【ブラジル】ヒキガエル3種を発見
    2015/12/16他のカエル達

    パラナ連邦大学の進化生物学者のパイ氏の研究チームは、ブラジル南部の雲霧林に住むヒキガエルの新種3種を見つけたそうです。Melanophryniscus bianca(出典:ナショナルジオグラフィック日本版)M. milanoi(出典…

    記事を読む

  • 【水色アマガエル】南国市から
    2015/11/23他のカエル達

    南国市岡豊町小篭の主婦猪野律さんが自宅の庭で水色のアマガエルを見つけ、撮影したそうです。今月上旬、通常の緑色のアマガエルと一緒にアジサイの木の葉の上で体を休めていたというからビックリ!(出典:朝日新…

    記事を読む

  • ベルツノ界の麻生太郎?
    2015/11/21他のカエル達

    隣のトド子さんからゴンザレスの顔アップ画像が届きました。いつ見てもかわえぇのぅ〜とクサ子が言ったら、モフチョが「口元が麻生太郎に似てるな」だって。失礼しちゃう!愛嬌があって可愛いんだってば!ガブちゃ…

    記事を読む

  • 【ブラジル】大仰な死の演技をするカエル
    2015/10/24他のカエル達

    ブラジル南部に生息するコガネガエル科の仲間(学名Ischnocnema aff. henselii)は、目を閉じて手足を広げ、あおむけに倒れて死んだふりをするんだって!しかも死の演技を2分ほど続けるっていうんだから驚きですね…

    記事を読む

  • 親ハリ、子ハリ
    2015/10/13他のカエル達

    またまた、となりのトド子さんから子ハリの画像が届きました。今度は親ハリも写っています。子ハリの仲良しぶりが可愛い〜(^o^)こんなに小さくても、もう威嚇するのだそうです。ハムスターだと思って触ったら、痛…

    記事を読む

  • 子ハリ、現る!
    2015/10/05他のカエル達

    その他のカエルではないのですが、となりのトド子さん家のハリネズミが子供を産みました\(^^)/画像が撮れるようになったら送るね、ということで届きました(^^)ちっさー(^o^) 可愛すぎる〜 このサイズのままだ…

    記事を読む

カエルってタフなんだなぁ

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

20170711frog.jpg

こんな記事が出ていました。

(抜粋)
アマガエルも隕石の衝撃に耐えたとされる種のひとつです。あんなにか弱いイメージのアマガエルがどうやって? と思いますが、じつはものすごくタフな生き物なんですね。カリフォルニア大学バークレー校教授で爬虫類学者のデイヴィッド・ウェイク(David Wake)博士によると、カエルは「サバイバルのプロ」で、ピンチの時には長いあいだ地中にもぐって冬眠していられます。たとえば日本のアマガエルもまったく飲み食いせずに3か月ほど冬眠をするので、春に覚めると体がペッタンコ。それでも、ちゃんと生きています。

ほかにも6600万年前の激動の時代を生き延びたカエルはいるそうなんですが、この3種類のサバイバリストたちがほかのカエルよりもすぐれていた点はその適応力の速さだったのです。隕石のちりが徐々に晴れ、地球上に太陽光がふたたび降りそそぐようになった時、まずその恩恵を受けたのは植物たちでした。種子植物や、花を咲かせる被子植物が地球を緑で埋めつくしはじめると、いままで地表で生活していた古代のカエルたちは生態を著しく変化させ、木を登り始めたそうです。それまで、木の上で暮らすカエルは皆無でしたが、カエルたちが「新しいライフスタイルを試した」ことで、新しい世界への適応力を飛躍的に高めていったのではないか。

 引用元:Infoseekニュース



たかがカエルされどカエル?
うちのガブガギも頑張って大きくなってくれ〜

って、ガギちゃん、餌を食べてくださいお願いしますm(_ _)m


詳しくはこちらをご覧ください。
 引用元:https://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_120688/



カテゴリ

スケスケカエル

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

ちょっと古い話題ですが、こんなカエルもいたんですね。


gizmodo_isnews_120176_0-small.jpg

 出典元:GIZMODO



学名は「Hyalinobatrachium yaku」

スケスケガエルの方が呼びやすいです(^_^;)

このおスケスケガエルは「スケルトンボディが特徴のグラッスフロッグの仲間」なのだそうで、私にはチンプンカンプン(笑)

エクアドルで発見されたこのスケスケガエルは、人間の多い場所でも発見されたそうです。
絶滅してしまうかもしれないかと思うと、なんだかなぁ・・・(T T)


詳しくはこちらを参照してくださいm(_ _)m

引用元:
 https://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_120176/



カテゴリ

【画像】繁殖期を迎えたヨーロッパヒキガエル

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ


main_image.jpg
出典 ナショナルジオグラフィック日本版サイト

繁殖期を迎えたヨーロッパヒキガエルが、フランス南部を流れるレ川の浅瀬でパートナーを見つけた。体の小さな雄が雌の前脚の下をつかみ、背中にぴったりとおぶさっている。「脇つかみ」と呼ばれる交尾の体位だ。(参考記事:「【動画】カエルの交尾に「7番目の体位」発見」
写真=MATHIEU FOULQUIÉ,BIOSPHOTO

引用元 ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/16/122100001/072200022/


カエルと一言で言っても、いろいろな愛の形があるのですね。我が家のガブちゃんはオスですが、また近頃、鳴き始めました。プラケースに1匹だけしかいないのに、相手を呼んでいる姿を見ていると、時折寂しい気持ちにもなるクサ子です。そういう時には、プラケースの掃除がてら、ガブちゃんの背中をさすってあげています。ガブちゃん、ごめんよ1匹で・・かと言って、メスらしきベルツノガエルはもう増やせません。今の2匹でテンテコマイ(^_^;) 一緒に鳴こうか、ガブちゃん(笑)
カテゴリ

【画像】ボンベイナイトフロッグ

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
AFPBB Newsに面白い記事が載っていました。(AFPBB Newsより引用)
インド西部に生息するカエルの一種、ボンベイナイトフロッグ(学名:Nyctibatrachus humayuni)は、同両生類7000種の中で他に類を見ない交尾姿勢(体位)を好むとの研究結果が14日、発表された。これまで確認されているカエルの交尾姿勢としては7例目となるという。
「背面またぎ」と命名されたこの新たな交尾姿勢は、それがどんなによじれて曲芸的なものであろうとも、精子と卵子を受精させるための方法にたどり着く性選択の進化の事例研究の一つだ。

img_1c14022d518729b4d7323ecc74d86bb5203976 (1).jpg
※出典:AFPBB News

(続きを読むの先にも画像あり)

» 続きを読む

カテゴリ

【ブラジル】ヒキガエル3種を発見

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
パラナ連邦大学の進化生物学者のパイ氏の研究チームは、ブラジル南部の雲霧林に住むヒキガエルの新種3種を見つけたそうです。


Melanophryniscus bianca
ph_thumb.jpg
(出典:ナショナルジオグラフィック日本版)

M. milanoi
01.jpg
(出典:ナショナルジオグラフィック日本版)

M. xanthostomus
02.jpg
(出典:ナショナルジオグラフィック日本版)



このヒキガエルは、ブラジル南部の孤立した雲霧林で、植物の水たまりに産卵するという、レアな繁殖法をもつヒキガエル3種だそうです。「これらのカエルは非常に神経質です。湿度が高すぎても低すぎても、捕まえることはできないでしょう」とパイ氏は言っています。暫定的なDNA検査から、色が濃く腹に赤い模様があるこの3種は、非常に関連が強く、わずか数千年前に進化を遂げたことが示されたとのこと。
この3種は体長わずか2.5cmと、ヒキガエルとしては小柄な部類に属し、クロヒキガエル属(Melanophryniscus)の多くは毒を持つが、3種が毒を持つかどうかはわかっていないそうです。
一般的に水溜まりは小さいため、産卵数は50未満と他のヒキガエルに比べて少ないのが特徴のようです。オタマジャクシは比較的大きく、泳ぎがあまり得意ではないそうで、チームはこれらの研究結果を、12月2日付の科学誌「PLOS ONE」に発表しました。
また、3種を正式に命名することが生存を確保するための第1歩で、「名前がなければ、法的には存在しないのと同じこと。なので、保護できないのです」

貴重な新種を発見できても、発表して名前がつけられなければ法的には存在しないとは、なんだかクサ子的には微妙な感じがしますが、まだまだ新種がいる可能性大のブラジル南部の雲霧林。これからの研究が楽しみです。

カテゴリ

【水色アマガエル】南国市から

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

南国市岡豊町小篭の主婦猪野律さんが自宅の庭で水色のアマガエルを見つけ、撮影したそうです。今月上旬、通常の緑色のアマガエルと一緒にアジサイの木の葉の上で体を休めていたというからビックリ!

AS20151117001870_commL.jpg
(出典:朝日新聞デジタル)


わんぱーくこうちアニマルランドの渡部孝園長によると、アマガエルは緑色や茶色が多いが、まれに突然変異で黄色の色素が欠落して水色になるものがあるそうです。アニマルランドにも例年数件、水色のアマガエルを見つけたと報告があるというから、身近を探せばいるのかな?
クサ子も飼ってみたいぞ(笑)

カテゴリ

ベルツノ界の麻生太郎?

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

隣のトド子さんからゴンザレスの顔アップ画像が届きました。いつ見てもかわえぇのぅ〜とクサ子が言ったら、モフチョが「口元が麻生太郎に似てるな」だって。
失礼しちゃう!

1447855451426.jpg

愛嬌があって可愛いんだってば!
ガブちゃんはペタンコが愛嬌?なんだし(笑)

ところでモフチョ曰く「ガブちゃんの水槽はもう少し小さくしたほうがいいね。広すぎると消化不良の原因にもなるらしいよ」だって、う〜ん、確かにあまり動かないから広すぎるって言えば広いんだけど、適当なプラケースがないしなぁ来月になったら考えましょう(^_^;

カテゴリ

【ブラジル】大仰な死の演技をするカエル

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

ブラジル南部に生息するコガネガエル科の仲間(学名Ischnocnema aff. henselii)は、目を閉じて手足を広げ、あおむけに倒れて死んだふりをするんだって!しかも死の演技を2分ほど続けるっていうんだから驚きですね。

ph_thumb.jpg
(出典:ナショナルジオグラフィック)


こういう姿は「擬死」「たぬき寝入り」と言われ、カエル特有ではないそうです。

ガブちゃんがひっくり返ったらクサ子は焦っちゃうけどね(^_^;

カテゴリ

親ハリ、子ハリ

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

またまた、となりのトド子さんから子ハリの画像が届きました。今度は親ハリも写っています。

子ハリの仲良しぶりが可愛い〜(^o^)

1444310059932.jpg

こんなに小さくても、もう威嚇するのだそうです。
ハムスターだと思って触ったら、痛い目に合いそうです(^_^;
何日くらいで親ハリくらいの大きさになるのかな?
今後の子ハリの成長ぶりが楽しみです!

カテゴリ

子ハリ、現る!

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ

その他のカエルではないのですが、となりのトド子さん家のハリネズミが子供を産みました\(^^)/
画像が撮れるようになったら送るね、ということで届きました(^^)

1443883267423.jpg

ちっさー(^o^) 可愛すぎる〜 このサイズのままだったら欲しい〜(笑)

1443883279664.jpg

真ん中に見えるのは親ハリのお尻と思われます。
モフチョ曰く、検索してもハリネズミの繁殖ってほとんど載っていなくって、相性とか成熟してから3年間しか交尾期間がないとかくらいしかわからなかったそうです。結構レアなことなのでは?素晴らしい!
トド子さん、ヨッチー、やったね(^^)d

あぁ触りたいよ〜でも親ハリが許してくれないのかな?
何はともあれ、おめでとう\(^^)/

カテゴリ

<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ
記事検索
 
最近の記事
最近のコメント
過去ログ
プロフィール
名前:ドン・クサ子
一言:ドン・モフチョの相方してます。よろしくです (^^)/

姉妹ブログ
Copyright © もふっコリひょうたん島 カエル池 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー